協力認定校制度


			当校受講生で、スクール開校またはハーブ講座開講希望者は (社)オルタナティブセラピー協会がハーブスクールとして認定する 「心理&ハーブ教室」銀座本校と同じように、ハーブ講座の協力認定校として登録後にスクールまたはハーブ講座開講をすることができます。

認定校の紹介

現在準備中です

現在「認定校の紹介」を準備中です。

お問い合わせ

認定校制度について

協会概要 受講生でスクール開校または講座開講希望者はハーブセラピスト資格試験合格と、メンタルハーバリスト資格取得後、面接試験で合格承認された後、下記要綱に基づきハーブ講座の協会認定校として登録することが出来ます。
申請方法 認定校を希望される方は別途申請用紙にて協会宛に随時申請することが出来ます。申請後、認定校資格取得試験(筆記試験および面接試験)の受験および合格することが必須条件となります。合格者は認定校講師としての講習会(別途講師講習)の受講が必須事項です。
認定校登録の流れ
  1. 申請書提出
  2. 面接試験・合格
  3. 協会認定校契約
  4. 認定校契約料・講座開催権料・協会維持管理費支払
  5. 講師講習受講修了
認定校協会登録費用 別途取り決めする認定校契約書及び規約内容に準じます。
登録認定校として

(社)日本オルタナティブセラピー協会(JATA)の認定校として契約書を取り交わした後に、各自でスクールを開校し講座を開講することが出来ます。認定校は協会指定の受講申込書を協会に送ることで協会から受講者用の教科書、ハーブ、その他材料を購入し、定められた講座受講料にて本校と同じ講座のレッスンをすることが出来ます。認定校受講生の修了証は認定校から協会に修了者名と修了講座名を明記した申請書を提出し、 講座の修了証代を協会に支払うことで協会より認定校名を入れた修了証が発行されます。認定校の講座受講修了者は協会の主催する認定資格試験を受講し、手続きをすることで協会の資格認定証を取得することが出来ます。受講生の資格認定は、当協会の「認定資格取得の流れ」に準じます。

※認定校契約内容の詳細は別途取り交わす認定校契約書及び規約に準じます。 ※日本オルタナティブセラピー協会及び、メンタルハーバリストの名称は商標登録証です。
日本オルタナティブセラピー協会(商標登録第5288919号) メンタルハーバリスト(商標登録第5288920号) ハーブティーソムリエ協会(商標登録第5676342号)
※当校オリジナルの各講座用教科書及びレッスン用関連資料の無断コピー、転記、転用は禁止いたします。

認定資格と認定校の表示について

協会資格の認定と講座修了証の発行について

各協会資格の
認定について
一般社団法人日本オルタナティブセラピー協会(日本植物代替療法協会)[英文名 Japan Alternative Therapy Association(JATA)]は協会会員に対し自然療法・代替療法の情報提供、本校及び認定校スクールでの講座修了者にハーブアドバイザー、ハーブインストラクター、ハーブセラピスト、メンタルハーバリスト、ナチュラル・オルタナティブセラピスト(自然代替療法士)の各資格認定試験の実施を行います。
認定試験合格者には協会認定資格(認定証)の授与、及び講師登録、認定校契約、認定校講座開催権契約、認定校の協会認定登録業務を行います。
各講座修了証の
発行について
株式会社 川内美登子・植物代替療法研究所は、各植物代替療法講座、ハーブ講座、オルタナティブカウンセリング講座のレッスン実施と認定校を含む講座受講修了者に講座修了証を発行します。
協会未契約者は講座修了証で本校の講座内容での講座開催、講座講師、教室開設は出来ません。

協会認定資格と講座修了証の表示について

各認定資格 (社)日本オルタナティブセラピー協会が認定した各認定資格の取得者は、名刺、ホームページ、広告等の自己プロフィールで「(社)日本オルタナティブセラピー協会認定資格」と表示・掲載できます。

表示例:(社)日本オルタナティブセラピー協会認定ハーブセラピスト
またはハーブセラピスト認定資格など。

認定校 (社)日本オルタナティブセラピー協会の認定校は、ホームページ等の教室案内で(社)日本オルタナティブセラピー協会認定校と表示・掲載できます。

表示例:(社)日本オルタナティブセラピー協会認定 ○○校 ハーブ教室【□□□□□】

認定校開催講座 認定校の開催講座は、(社)日本オルタナティブセラピー協会認定ハーブ講座と表示・掲載できます。

表示例:(社)日本オルタナティブセラピー協会認定 ハーブアドバイザー講座

各講座修了証 講座修了証は(株)川内美登子・植物代替療法研究所が各講座修了者に発行します。
講座修了証をもって協会の「認定資格取得」及び「認定資格」の表示は出来ません。

お問い合わせ

(社)JATAについて

一般社団法人 日本オルタナティブセラピー協会認定は 「心と身体の健康と美」をコンセプトとしています。
協会概要 一般社団法人 日本オルタナティブセラピー協会〔(日本植物代替療法協会)、英文名はJapan Alternative Therapy Association(JATA)(以下協会)〕は、「心と身体の健康と美」をコンセプトとして心理学・ハーブ・スピリットアロマ・フラワーエッセンス・ホメオパシーの正確な情報と正しい知識、実践的な使用方法などを講座やセミナーを通して多くの方に普及していくことを目的とします。同時に医療従事者との密接な関連を通じてセミナー等を随時開催し、自然療法、植物療法、代替医療の分野に見識を広めていきます。そのための認定資格、講師登録、認定校登録などの制度を取り入れて、積極的にハーブ自然療法のアドバイザー、インストラクター、セラピスト、心理カウンセラー及びメンタルハーバリストの養成に力を注いでいきます。
事業活動 1.自然療法、植物療法の専門家を育成するための講座開催と教育活動
2.心理療法、ハーブ療法及び植物自然療法に関する資格認定と認定証の交付
3.心理学とハーブ・アロマ及び植物療法を含めたトータル的なオルタナティブ療法の普及活動
4.オルタナティブ療法の普及のための各種セミナー、講座の開催
5.受講生の自立支援のための認定資格制度、講師登録制度、認定校制度の推進
6.その他上記以外の一般社団法人の目的を達成するため必要とする事業全般
協会入会 各資格認定試験を受講し、認定資格を取得するためには協会に入会し、協会会員になることが条件になります。
一度協会の会員になられた方は各コースの認定資格試験の受験ができます。
協会会員は年会費を納入することで会員資格が継続します。
(注意:講師講習費用、認定校登録費用は別途設定があります)
協会入会金と会費 協会入会金 5,100円
会員年会費 6,200円
所在地 東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館11F
株式会社 川内美登子・植物代替療法研究所内

PAGE TOP